生命保険の意味

保険には、いくつかの種類があります。どんな保険にでも、加入しておけば良いというものではありません。自分にどのような保険が必要であるのかを見極め、必要なものだけに加入することが重要です。何でもかんでも保険に加入していると、毎月の支払額が非常に大きくなり、かえって生活が悪くなってしまうことも十分考えられるためです。

それでは、加入するにはどのような保険があるのでしょうか。よく利用される保険の1つの種類として「生命保険」というものがあります。生命保険の定義は「死亡時に効果が発生する保険」ということになります。中には特約などで、死亡時以外にも効果が発揮されるようになっている場合もありますが、基本となるのは死亡時の効果があるかどうかです。

生命保険に関しては、確定申告において控除を申請することができるなど、必要性の高い保険として認められている節があります。それでは、なぜ自分の死亡時に効果が発生する保険をかけておく意味があるのでしょうか。

生命保険を掛ける意味は、自分のためというよりは、家族などのためにあります。特に、自分が生活の要となっているような場合、自分が死亡することによって、残された家族の生活に問題が発生する可能性が十分あります。そういったことを避けるために、生命保険の意味があります。

それでは、こういったことをベースにして、生命保険の選び方、見直し方について紹介します。適切な保険を選ぶことが重要です。