生命保険の種類

最後に紹介するのは、掛け捨て型生命保険の応用的な形である保険についてです。生命保険の中には「遁減型」と呼ばれるものと「年金型」と呼ばれるものがあります。これらがどのような仕組みのものなのかについて簡単に紹介します。

最初に紹介するのは、遁減型保険についてです。この保険は、毎年少しずつ、保険料の金額が減っていくという仕組みを持っています。その分、保険の効果についても少しずつ下がっていくことになります。これは、だんだんと自分の「経済的責任」が下がっていく場合に利用できる保険です。子育てやマイホーム購入などをピークとして、自分のお金に対する家族の依存度というのは、だんだん下がっていくことが多いため、見通しが立っている場合については、十分利用を検討できる仕組みとなっています。

次に、年金型の保険について紹介します。こちらは、本来であれば死亡時に一括で支払われることになる保険金を、年金のように定期的に供給するようにする保険の仕組みのことを言います。一気に支払われないために、残しながら使うということができるようになり、家族にとっての一定の収入を提供できるという点で優れています。生活の管理がしやすくなるというメリットがあります。

このように、保険といってもその種類は様々です。保障内容もそれぞれ違います。若い時に契約した保険の保障内容が数十年後の自分にも必要なのかどうかは分かりません。ですから、ライフステージごとの保険の見直しは必要になってくるのです。その時々の自分に合った保険を探すことが大事です。保険の種類も年月とともに増えていきます。数ある保険の中から自分に一番適した保険を見つけることはなかなか困難ですので、探すことに限界を感じたり第三者のアドバイスが欲しい時は、専門の窓口などで無料で相談にのってもらえますので活用してみると良いでしょう。

関連サイト・・・生命保険について無料で相談できる専門窓口〔保険ゲート〕